Daily Archives: 2012年7月7日

貯水槽清掃【藻の発生】

以前、高架水槽に藻が発生した事例をご紹介しましたが(→→→ 高架水槽清掃【藻の発生】 )

今回は受水槽の藻の発生について1

清掃前の写真は、少々ショッキングかもしれません…2

 

↓↓↓ 清掃前 (FPR製・4t)

貯水槽清掃【藻の発生】

タンクの底面から紫外線が入ってきているため、藻がかなり成長しています3

適切なメンテナンスが行われていないと、こんなことになってしまうんです4

 

ご依頼元は企業様だったので、お水は主にトイレや手洗いにご使用されていたと思われますが

ウォーターサーバー等が設置されていなければ、そのお水を口にしてしまっているわけで…5

 

一刻も早くキレイにしなければ、ということで清掃開始6

 

↓↓↓ 薬品塗布、高圧洗浄による清掃、消毒

貯水槽清掃【藻の発生】 貯水槽清掃【藻の発生】 貯水槽清掃【藻の発生】

 

↓↓↓ 清掃後

貯水槽清掃【藻の発生】

これでタンク内は清潔になりました。

…が、他にも異常個所がいくつか7

 

 ↓↓↓ 1 ボールタップ不良により、交換修理を行いました。

貯水槽清掃【藻の発生】 貯水槽清掃【藻の発生】

老朽化して浮きの動きが固くなっていました。

 

↓↓↓ 2 オーバーフロー管に防虫網が無い状態

 

3 砂こし器不良により交換

【1】 清掃後、タンクに水を溜めるためポンプの電源を入れたが、水圧が弱い。

砂こし器を開けてみたところ、で目詰まりを起こしていました

 

【2】ストレーナーを清掃後、再度ポンプの電源ON→水があがってこなくなりました。

砂こし器のパッキンが変形して空気が入っているようだったので交換修理を行いました。 

 

4 電極棒はありますが、警報装置がないため、未接続。

 

貯水槽清掃時には、作業前・中・後を撮影して写真帳をご依頼元に提出させていただくので

事務スタッフの私も現場写真を見る機会があるのですが、今まで見た中で一番の藻の繁殖っぷりでした8

早急な外面塗装をお勧めします10

 

貯水槽のメンテナンス(定期清掃・水質検査・外面塗装・各種点検)はカンセイへお任せ下さい3

tel 0120-0120-11 または mailメール にて 年中無休で受け付け中です4